スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<小沢幹事長>「やましいことはない」…会見で続投を強調(毎日新聞)

 検察審査会の「起訴相当」議決を受け、民主党の小沢一郎幹事長は27日夜、党本部で記者団の取材に応じ「意外な結果で驚いている。私自身、何もやましいことはないので与えられた職務を淡々と全力でこなしていく」と辞任する考えのないことを強調した。

 しかし、このまま小沢氏の「政治とカネ」問題を引きずって今夏の参院選に突入することに、同党内では不安の声が広がる。小沢氏は「最終的に検察当局が適正な判断を下せば国民も納得し、支援してくれる」と強気を崩さなかったが、同党の渡部恒三元衆院副議長は「民主党代表である鳩山(由紀夫首相)君が決断することだ」と記者団に語り、首相に小沢氏の更迭を促した。その首相も米軍普天間飛行場移設問題に苦しみ、5月末決着に失敗した場合の退陣論も取りざたされる。政府・民主党のトップ2人の進退が絡んだ「5月政変」説がにわかに真実味を帯び始めた。

 小沢氏は同日、検察審の議決発表後、党本部で予定していた参院選キャラバン隊の結団式を欠席したほか、訪ねてきた橋下徹大阪府知事との面会も避けた。午後の日程はすべてキャンセル。小沢氏の衝撃がうかがえた。

 「幹事長(の仕事)は選挙に勝つということだ。内閣支持率(の下落)は関係ない」(12日、党本部)

 「全国を歩いた限り1年前と変わらずに声援し期待してくれている」(20日、青森市)

 小沢氏は自らの問題に対する厳しい世論の批判に背を向け続けてきた。今後も「選挙の小沢」として参院選対策を主導することで求心力の確保を図っていく考えとみられるが、地方選の敗北が続き、参院選の単独過半数を目指す戦略は崩れかけている。

 小沢氏に進退の決断を期待する発言を繰り返してきた前原誠司国土交通相や枝野幸男行政刷新担当相らは議決を受け辞任要求を強めそうだ。枝野氏は「検察審査会の判断は大変重い。その判断を踏まえ検察も当事者も判断すると思う」。

 小沢氏は民主党代表だった昨年5月、衆院選への影響を懸念する党内の批判をうけて辞任した。今回の事件に絡んでも2月1日の会見で「(刑事責任が)仮にあるとすれば責任は重い」と進退に言及しており、党内には参院選前の自発的辞任を期待する声もある。

 鳩山首相は27日夕、記者団の質問に「検察の判断に影響を与えかねないので、私としてこれ以上申し上げることができない立場だ」としつつ「当然、党の立場からは何らかの判断がされる可能性はある」と含みを残した。【須藤孝】

【関連ニュース】
陸山会事件:「冷静な判断を」小沢氏、検察審査会に
小沢幹事長:「前原君の発言、興味ない」…高速新料金で
前原国交相:「二律背反」と小沢幹事長を批判 高速新料金
民主党:「米大使館、日本政府に不信感」と小沢幹事長語る
高速料金:政府、上限制度見直しを検討へ 小沢氏の指摘で

JR西強制起訴 「法廷で正直に話して」(産経新聞)
“ネット住宅”自分のペースで家造り(産経新聞)
高速新料金、深まる対立…内閣一元化揺らぐ(読売新聞)
民主除名の土屋都議、「日本創新党」の都議会会派設立(産経新聞)
春の褒章、都はるみさんら677人と20団体(読売新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うだがわひでひこ

Author:うだがわひでひこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。